ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

cmsがseo対策に優れている理由

内部seo対策するにあたり、様々な項目がありますが、一番差が付くのがどこかというと、ページ数やページのテキストボリューム、更新頻度になります。他のHTMLタグ等については知識さえあれば一回のチューニングで済んでしまいます。
しかしページ数を増やすのは時間と手間を使う作業です。自分でできない場合、ホームページ制作会社に依頼することなります。特にページのボリュームは重要です。

上位化しているホームページの79%は74ページ以上というデータがあります。逆にページ数が少ないと順位が上がりずらいのです。

ページを作成するホームページ制作会社に依頼はそれなりにお金がかかりますので、もし自分で作れない場合毎月定期的にお金がかかることになるのです。そのためここが競合と一番差が付き易いのがページ数の部分です。
たいていの方は手間暇かけてページ数を作成するより、簡単な外部リンクを購入して上位化しようとしますが。実際上位化しないで終わってしまう傾向にあります。

しかしもし自分で更新やページが作成できたらどうでしょうか?
時間はとられるかもしれません、コストは限りなく0円に近くなります。
一般的更新が容易にできる管理画面付きのホームページをcmsと呼びますが
cmsがseo対策に強い決定的な理由はここにあります。

cmsがseo対策に優れている理由

1 ロングテールseo対策が容易になる

image_307
アクセスログ解析を見ると、ホームページの流入は1種類のキーワードのみならず、様々なキーワードの掛け合わせで流入しているのが分かります。またコンバージョン分析を進めていくと、検索数は少ないが問合せ数に貢献している『ロングテールキーワードワード』の存在が明らかになります。アクセスアップ及び問合せ率アップの鍵は、ホームページの更新でこのようなキーワードはホームページ内に適切に挿入・追記していくことがアクセスアップに繋がります。

cmsを利用すれば、上記の更新が簡単になるため、ビックキーワードだけでなくよりたくさんのロングテールキーワードでヒットしやすくなるのでアクセスアップ及び問合せ率アップの効果が期待できます。

2リンク切れ等を未然に防ぐ

image_305
リンク切れ通常のHTML制作の場合、ページを新しく1ページ立ち上げるごとに、
作成した全てのページのリンクを修正追加しなければなりません。
つまりページ数が多くなれななるほど、その作業は大変になり、リンク切れ等が起こる可能性もあります。リンク切れはページの品質を落とし、seo対策にも大きな影響があります。

しかしCMSの場合は自動でリンクが修正されるので、リンク切れの心配もありません。リンクを間違えることもありません。

3ページを簡単に作成できる

image_306
内部seo対策の中でもインデックス数(ページ数)最もSEOに影響するところです。インデックス数が多ければ、seo対策(検索 上位)上かなり優位になります。seoを突き詰めて考えると、『リンクの質と数』と言い換えることができます。このリンクというのは外部リンク、内部リンクのことを意味しますが、内部リンクとはページ数ということになります。つまり良質なページを大量に作成することがseo対策上最も効果的なことになるのです。通常のHTMLコーディングでページを作成すると知識を持った人間しか作成することができず、しかも作業に時間がかかります。しかしcmsを導入すれば、WEBの知識の無い方でも短期間で大量なページを作成できるので、seo対策に強いホームページをつくることができるのです。