ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

seo内部対策

seo内部対策については、

  • テクニカルな部分
  • コンテンツ部分

と大きく2つに分けられます。テクニカルな部分については、ホームページ上のhtmlの記述やキーワードの入れ方リンクを張り方等が挙げられます。

コンテンツ部分についてはホームページに記載する文章の内容そのものになります。Googleの検索エンジンの仕組みはクローラーというロボットが日々、世界中のWebサイトと巡回して読み込んで順位を決めております。既に人間と同じくらいの文章の読解力をもっていると思っていても間違いありません。

そのため他のサイトからコピペしたようなコピーサイトを嫌う傾向にありますので、オリジナルコンテンツを用意する必要があります。特に最近googleの傾向としてはコンテンツ部分を重視する傾向にありますのでSEOの技術を抜きにして独自性の高いコンテンツを用意しなければなりません。

①重要タグの最適化

ホームページにはSEO対策上急所になるような部分があります。
急所になるような部分を分かり易く訳すと『ページのタイトル』『説明分』『大見出し』『小見出し』等を意味しますが、具体的には下記の名称でよばれています。下記のタグの最適化がSEO内部対策の中で最も基礎になり最も重要な部分になります。

タイトルタグ 
メタタグ
メタデスクリプション
Hタグh1 ,h2
altタグ

ひとまとめに紹介してしまいましたが、ただキーワードを詰め込めばいいというわけではありません。実は各タグの最適な文字数や入れ方、してはいけないこが存在するのです。間違った入れ方をしている場合、内部SEO対策効果が得られないばかりか、サイト全体の評価を落としてしまいます。

②テキスト数と画像数

image_283
これは最近のトレンドで一部の人しか知らないと思いますが、テキスト数は検索順位と大きな相関関係にあります。実はGoogleから好まれるという最適な文字数が存在します。画像数も同じです。文字だけに偏った情報をGoogleは良しとしていません。画像数にもGoogleから好まれる最適な個数が存在しています。検索エンジンはテキスト数と画像数のバランスも求めているといえるのです。

③キーワード近接度、キーワード出現比率

image_289
テキスト数と画像数キーワード出現比率というのはページの中に対象のキーワードがどれくらいあるのか出現する比率をいいます。ページ内の総単語数との対象となるキーワードの割合を元に計算します。ページ内の対象となるキーワードは多すぎても少なすぎてもいけません。
色々な説がありますが、全体の5~10%程が良いとされておりますがバランス良く入れることがコツです。一つのポイントとして、ページ上段に少し多めにして残り部分にはバランス良く入れることがポイントです。
またGoogle の結果は、ユーザーが指定したすべてのキーワードを含むだけではなく、そのページ内でそれらのキーワード間の近接度も分析します。 Google ではキーワードの近接度に従って検索結果の順位付け参考にしております。
例を挙げると『渋谷 歯医者』でヒットさせたい場合、検索エンジン対策上
好ましいのはAの文章になるのです。

A
渋谷の歯医者を探すならタクミ歯科です。一般診療の他インプラントや矯正、ホワイトニング、など対応しています。
B
渋谷駅から西口を歩いて10分の場所にあります。一般診療の他インプラントや矯正、ホワイトニング、など対応する歯医者です

つあり キーワードが近くに一緒にまとまっているほど優先される傾向にあるのです。

④発リンク数

image_296
発リンク発リンク数とはSEO対策される対象のページから他のページ張っているリンク数のことを言います。要はPC等のマウスでクリックした時、同一ドメイン内の違うページに飛ぶ場所が何か所あるかということです。

ページ数が多くても、これが少なかったり多すぎたりしてもサイトの評価が上がりません、よくフッター部分に全てのホームページのリンクが張られてケースが見かけると思います。当然ユーザービリティーという考えもあるのですが、このリンクが実はSEO対策の一環にもなっているのです。この発リンクにもSEO内部対策に最適な発リンク数が存在します。

⑤サイトマップの調整

Googleのクローラーがページを認識しない限り、いくら大量にページを作成しても評価してもらえることはありません。Googleの検索エンジンがページを認識してもらい易くするためには、サイトマップの作成が必要です。
サイトマップはユーザー向けの場合とXMLでgoogle向けに作成する必要があります。これによりクローラーがページを認識し易くなります。

⑥インデックス数

image_294
インデックス数とはgoogleから認識されているページと訳すことができます。要はページ数のことです。ページ数が増えるほど内部リンクの数が増えるのでSEO的には優位になります。あるデーターでは上位79%はページ数が74ページ以上といわれております、インデックス数は影響があります。

⑦関連ページ数

image_295
上記のインデックス数とも関連ありますが、単にページが増えればいいので無くて対象となるキーワードに関連するテーマで増やしていくことがいいとされています。例えば『携帯電話機』でヒットさせたいなら『携帯電話の歴史』『携帯電話のメリット』等。・・・・様々な関連するコンテンツを増やして行くとことがいいでしょう。

⑧サイト内リンク

サイト内リンク
リンク構造サイト内リンクは唯一Googleから認められた自作自演の合法的な被リンクの方法です。外部要因でもお話しましたが、あるページからあるページにリンクされると力が移るのです。これは外部のリンクでも内部リンクでも同じことなのです。

関連するページがあるならば、関連するページ同士でリンクを張りあえば、ページが強くなります。またその際ポイントはリンクされる先のアンカーテキストにキーワードを含ませるということです。アンカーテキストは事例を挙げると下記のような形になります。

詳細はこちら ×
seo対策の詳細はこちら●

⑨オーソリティー

例えば1000ページのホームページがあったとします。一度に1000ページつくり、1年間何もしないのと、定期的にページが増えて最終的に1000ページになるのでは、どちらがGoogleから評価が高いかというと後者の方でう。Googleは常に更新頻度、成長性を好みます。

⑪Googleが好ましくないこと

例えばトップページをseo対策するにせよ、トップページのみならず,googleはサイトの全体の品質も考慮しています。リンク切れ、メタ情報の重複、コンテンツの重複,コピーサイトミラーサイトは等はGoogleが嫌うことになりますので、サイト全体の品質を保つことが必要です。

コンテンツ部分

上記はテクニカル部分ですが、コンテンツ部分はテクニカルで解消できない項目です。Googleの検索エンジンはかなり進化しています。もはや人間の知能程の文章の読解力をもっていると思い間違いありません。

そのためいくら上記のテクニカルを実践してもそもそもテキスト情報等が他社のサイトのコピペだったとしたら、たいした評価がえられません。むしろ、HTMLソースやタグが多少おかしくても、人間の目で読んで理解することのできる情報なら、オリジナルコンテンツとしての量が多いならば検索エンジンに優位になることが多いのです。

具体的なオリジナルコンテンツは下記のような特徴を持ちます。

1ページ1テーマの原則
他サイトのコピーでないオリジナルコンテンツ
専門性が高く
信ぴょう性のあるデーターを元に打ち出されたデータ

テクニカルな部分を除いて上記のようなコンテンツはgoogleに好まれます。