ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

seo内部対策のメリットとは

①スモールワードなら自力で上位も可能

image_291
検索上位化通常seo対策を業者に依頼すると外部リンク対策が中心になります。
しかしユーザーが検索を入れるワードは何パターンもあります。全てのキーワードをseo対策会社に依頼すると毎月とんでもない金額が請求されることになります。

当然競合性の高い検索ワードでは外部リンクが必要不可欠になりますが、競合性の低いスモールワードなら内部SEO対策だけで充分に上位化も可能です。内部seo対策は自力でできるので、seo対策のコストを圧縮することに繋がるのです。

②順位の安定化

image_292
安定化検索順位が落ちる原因は主に2つあります。一つ目の理由は、自社ホームページより順位が下の競合に努力した結果追い抜かされることです。2つ目はアルゴリズムの変動により、ホームページの品質が問われ、自ら順位降下するケースです。

実は後者のようなケースはよくあり、この場合、たいていは内部に問題がある可能性が高いのです。完全な内部seo対策を施すことによりホームページ内部の品質を上げ順位を最大限安定させます。

③ビックキーワードのSEOに欠かせない

image_293
seo残念ながら競合性の強いビックキーワード、ミドルキーワード群はseo内部対策だけでは上位化することはありません。しかし上記のキーワードについては、外部リンク対策だけ上位化するのも困難になっているのが事実です。

ある程度競合性の高いキーワードについては、ページ数や内部対策も必要不可欠です。弊社も成果報酬型seo対策を行っておりますが、ページ数の少ないもの、コンテンツの少ないホームページは上位化は無理なので御断りしています。
つまり最近で検索上位化が達成されているホームページは内部施策と外部施策のバランスがとれているところと言えるのです。

正確にいうと、外部リンクだけでも少しの間の上位化は可能かもしれませんが、上位化を維持するこが困難です。より競合性の高いキーワードで上位化を目指すには内部対策と外部対策のバランスのとれた対策が必要なのです。