ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

seo対策には内部対策と外部対策がある

SEO対策の内部と外部要因
日本にはGoogleとYahooの2大検索エンジンがあり、この2つの検索エンジンでほぼ9割以上のシェアを占めおります。もともとgoogleもYahooも、それぞれ独自の検索システムを採用しておりました。

しかし2010年7月YahooとGoolegが提携して、YAHOOは検索アルゴリズムについてGoogleの仕組みを使うことになりました。これにより、現在ではGoogleで検索してもYahooで検索しても、若干の差異はあるもの、ほぼ同じ内容が表示されています。つまり検索エンジン対策はGoogleについてだけ考えればいいということになります。

Googleが検索順位を決める要因は、およそ200項目あると言われています。その要因は大きく分けて内部要因と外部要因の2つに分けられます。内部要因とはホームページ内部のことで、ドメインの運用年数、ソースの記述方法、キーワードの含有率、ページ数、コンテンツの質と数等が挙げられます。

一般的にホームページ内部をSEOに最適化することをSEO内部対策と呼びます。これに対して外部要因は、ホームページの内部以外の要因で、主にホームページからホームペーへ向けてリンクされる被リンクが挙げられます。よくあるseo対策会社が行う施策はこの外部リンク対策になり、一般的にseo外部対策と呼ばれています。