ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

seo外部対策

検索順位が決められるホームページの外的要因として、被リンク、ソーシャルブックマーク、sns,サイテーション、ブランド力等が挙げられます。では何故googleは検索順位を決める際このようなものを参考とするのでしょうか?Googleのビジネスモデルの収益源多くは、検索連動型広告Adwordsです。つまりGoogle検索した場合、広告枠に関連する広告を表示してそのクリック課金で成り立っているのです。
ユーザーが検索すればするほど、広告をクリックしてもらえる確率が高まりGoogleの収益に繋がるのです。
そのためGoogleは常にユーザーが満足させるような、検索結果を出さなくてはなりません。ユーザーが検索結果にがっかりすると、検索エンジン離れが起こってしまうからです。
そのために何を参考にしたかというと下記の項目です。
下記の項目に共通することは、『人気のある』『話題性のある』ことです。被リンクにしてもtwitterやFacebookにせよ、共通することは人気のホームページや話題性の有るホームページにリンクが張られます。つまりGoogleは第3者の意見を参考にして、検索順位に反映させことにより、よりユーザーの満足度向上をはかろうとしているのです。以下に各要因の内容について説明致します。

①

被リンク

image_283
被リンクとはホームページからホームページへリンクを張られることをさします。あるAというホームページからBというホームページに向けて、リンクが張られるとホームページAの『パワー』をホームページBに移すことになるのです。これはリンクジュースとか呼ばれます。
例を挙げると、あなたが、先日おいしいラーメンやに行ったとします。おいしさのあまり、感動してブログにそのラーメン店の書いて紹介したとします。またそのラーメン店がホームページを持っていたのです、そのラーメン店のURLを張りつけ紹介したとします。そうするとGoogleの検索エンジンは、このラーメン店は第三者に推薦されている、有益な情報が載っているホームページだと認識してラーメン等で検索された時上位化する傾向にあります。人間関係でも同じことです。他人にから推薦されている人とされてない人どちらを信用するかといえば推薦されている人です。Goolgeも同じで、被リンクを一つの推薦票としてとらえ、検索順位を決める際の参考としているのです。

②ソーシャルブックマーク

image_284
ソーシャルブックマークインターネットエクスプローラー等ブラウザには必ず、お気に入りというツールが設置されています。
ソーシャルブックマークとはこれと全く同じで、オンライン上で自分のお気に入りのURLを公開できる仕組みになっております。このソーシャルブックマークの数も検索順位の参考になります。ソーシャルブックマークは有名なもので、はてなブックマーク、buzzurl、Naver等が挙げられます。

③Twitter,facebook,Google+

image_285
ユーザー数も日増しに増えているSNS。代表的なものにtwitter,facebook,Googleプラス等があります。Twitterのツイートや、Facebook等いいねボタン、Googleプラス等のソーシャルSNSもホームページの話題性や人気性を測る指標になるので、Googleは検索順位の参考にしているといわれます。

④サイテーション

サイテーションとは言及するという意味です。ブログや、プレスリーリース等の記事に書かれることもSEO効果があると言われています。ホームページのリンクが無くても、ホームページのURLが記載されていればGoolgeの検索エンジンはそのような情報を読み込み、人間並みに文章を理解して順位付けの参考にしているといわれています。

⑤ブランド力

image_286
googleの検索エンジンには既に辞書のようなものが出来上がっております。例えば日本の上場企業の会社、有名な商品等サービス、認知度が高いサイトや商品、公共機関等は、その辞書の中に既に登録されており、検索順位がそのような辞書に登録されている会社や公共機関のサービスやホームページは、検索時に上位に上がり易い仕組みとなっています。