ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

seo(検索上位化)に弱いホームページ

検索エンジン対策に弱いホームページの代表的な例をいくつか挙げました。

1テキスト数が少ない

image_298
テキストが少ない一般的にトップページはスタイリッシュに、すっきりさせたいというデザイン的な要望から、HTMLテキストが少なめになってしまう傾向にあります。
しかし最近のトレンドとしてHTMLテキストが少ないと検索にヒットしづらくなっています。特に500文字以下の場合要注意です。詳細はここでは述べませんが、あるテキスト数以上が検索エンジンに好まれるというデータもございます。

2画像点数が少ないホームページ

文字だけが多ければいいかといえばそうではありません。やはり画像数もある一定以上数が必要なのです。テキストと画像のバランスが重要だと言えます。

3ページ数が少ないホームページ

image_297
ページ数が少ないページ数と検索順位は相関関係にあり、内部SEO対策の中でもページ数が最も重要な要素です。最近ではある程度のページ数が無いと順位すらつかないこともあります。

4更新頻度が少ない

image_304
更新しないgoogleは成長性を好む傾向にあります。少しづつでも増えているホームページには高い評価を与えます。逆に更新頻度が少ないと、googleロボットの巡回頻度も落ちるためseo的に不利になります。

5外部リンクが多い

image_299
外部リンクが多い外部リンクを張ることは、seo対策の観点からあまり良いとは言えません
評価の高いサイトはリンクを受けることはあっても外にベタベタとリンクを張ることは無いのです。できるだけ外部リンクは避けた方が無難です。

6内部発リンクが少ないまたは多すぎる

外部リンクは避けた方がいいですが、内部リンクはある一定以上の数が必要です。しかし多すぎてもいけません。適切な数の発リンクが必要です

7 ALTタグに文字を詰め込む

昔のSEO手法にALTタグにキーワードを詰め込むというテクニックがありましたがもう今では効力がありません。ならばaltタグに何も入れなくていいいかということでなく、Altタグにはその画像を説明する簡潔な文字を入れるといいとされています。

8メタ情報の記入漏れと重複

ページ数が多くなると必然的に起こるのがメタタグの記入漏れと重複です。
最適なテキスト数等やキーワードの入れ方も存在するのですが、それよりも大事なことは、記述漏れや重複しないことです。

9リンク切れ

image_300
リンク切れseo対策以前にユーザビリティー観点からリンク切れはあってはならないことです。