ホームページ制作格安seo対策と集客

格安ホームページ制作(東京)

何故SEO内部対策が重要か

私たちはまず最初に内部対策をお勧めします。

もともとGoogleは外部要因80%に対して内部要因20%の割合で検索順位の評価として,外部要因を重要視してきました。外部リンクとは被リンクのことです。

最近ではより内部SEO対策が重要になっている

そのためSEO対策会社は、大量にブログやサイトを量産して、そこから被リンクを付けてホームページの検索上位化を図っていました。中にはたくさんのコピーサイトをつくったり、海外サイトからリンクを張るような、かなり危ない方法で検索上位化を図っているところもありました。

この時代はリンクを付ければ上位化できる時代でしたので、わざわざseo内部対策する必要が無く、大半のSEO対策は被リンク偏重型でした。

ところが2010年頃Googleの取り締まりが非常に厳しくなり。ペンギンアップデート、パンダアップデートと呼ばれる、アルゴリズムの更新で、このような目に余る行為をしているホームページをペナルティーを付けてました。これにより痛手を被ったホームページがたくさんあると言われております。

Googleは人為的に検索順位を操作されることを非常に嫌います。基本Gogoleはいかなる理由でも被リンクを販売する業者を悪だと思っているのです。Googleの公式発言からもリンクスパムを付けているサイトは順位を下げ逆にオリジナルコンテンツを提供しているサイトは順位を上げるということを発言しています。

こういった背景があり検索順位の指標がここ数年で確実に変わってきています。外部要因80%内部要因20%だったのに対して、現在では外部要因50%内部要因50%くらいの率になっていのでないかといのが私どもの見解です。

その証拠に昔では1ページ1行程のテキストしかないようなホームページでも、被リンクさえ付ければ上位化は可能でしたが、現在では1ページの程度のホームページでの上位化は極めて難しくなっており、昔程容易に上位化できなくなってきております

私たちがSEO内部対策をお勧めする理由はここにあります。